レバレッジ取引について解説

レバレッジ取引について解説

FX取引をするにあたって絶対に知っておくべきことがレバレッジです。レバレッジがあれば少ない金額でも投資をすることができるようになります。しかし正しく活用できないと取引で失敗をすることもあるので、仕組みについてきちんと理解してから活用するようにしましょう。

【レバレッジとは】

レバレッジというのは証拠金を預け入れることで、数倍から数百倍の金額での取引ができることです。とても便利なものですが利益だけでなく損失も大きくなるリスクがあります。

・レバレッジの仕組み

レバレッジはてこの原理と同じだと言われています。投資をするにあたって2倍や10倍の取引ができる仕組みです。レバレッジが10倍の時には10万円の取引でも100万円分の取引ができるようになります。もちろん逆の方法もとれるので100万円の取引でも10万円の取引の利益や損失にすることもできます。このような取引ができるのは差金決済という取引で、お金を実際に払わずに買値と売値の差額だけで取引をする方法がとられているのが理由です。

【レバレッジのメリットとデメリット】

レバレッジの仕組みを理解しているだけでは実際の取引できちんと利益の出せる取引ができません。メリットとデメリットを理解して、うまく取引を行うようにすると利益をうまく出せる取引ができます。

・レバレッジのメリット

レバレッジのメリットは資金効率が良いことです。100万円の取引をするためには一般的な外貨預金や株式投資では100万円の資金が必要です。しかしFXならレバレッジを活用すれば25分の1の4万円でも100万円分の取引ができます。そのため少ない資金でも大きな取引をすることができ、たくさんの利益を出すことができるのです。

・レバレッジのデメリット

デメリットはレバレッジがあることで損失も大きくなるという点です。しかしレバレッジを小さくするとロスカットになる確率を下げることはできる反面、含み損を大きくする確率を上げてしまうので、必ずしもレバレッジを大きくすると損失が出てデメリットとなるというわけではありません。ただしレバレッジを大きくしすぎるとロスカットでは補えず、不足金が発生して借金が出てしまうことがあることは理解しておく必要があり、できれば不足金で借金が出ないような取引を心掛けることは大切です。

まとめ

FX取引では利益を出すためにレバレッジを活用することが大切です。しかしうまく活用できないと損失を出す原因となりますし、不足金が出て借金を作ることもあるので気をつけましょう。